■ラー油ゲームの状況

先月からある企業さんでお仕事をしているため、時間がなくまだ新作は出ておりません。
で、3月のラー油ゲームの状況なんですけど、下記のようになっております。

1





 


・3/15以降、急激にインプレッションが増加。
月間インプレッションは、21000imp。
報酬は、5074
クリック数413
クリック率1.94%。

 
上記結果は実質半月のものなので、もしこのままでいけば、月間4万インプレッションで、報酬1万円ということになります。
ラー油ゲームは、月間4万imp=1万円、なので、仮に100万impだと25万円/月になりますね。
ウェブサイトの収益化でよく100万PVとかが目指すところだったりしますけど、100万PVで稼げるのは、15万円/月くらいだそうです。ウェブでよく言われる数値と大体似てくるんですかね。

それにしても、100万impを達成するにはこのゲームだと25本も必要なのか。
ゲームって旬の期間は短いから結構大変ですね。
4月に入ってクリック単価も落ちてますし、インプレッションもちょい落ち気味です。ちょうど一週間で9000imp足らずなので、月間で36000impくらいかぁ。


■生活できるのか考えたら実はできるんじゃないか?

ダウンロード数の方は、デイリーで200DLくらいの自然流入があります。累計DLよりも日々のDLが重要なんだろうなぁ。DL数と日々の収入がほぼ同じなので、やっぱ1DL=1円説は正しいようです。

広告の出し方とかを工夫することで数倍にできる余地はあると思います。マッチ擦るゲームの会社のblogに1DL=10円までいけた!という記事が出てました。そこまでいかないにせよ、1DL=3円くらいまでいければ、一か月1万円の収入が3万円になり、7本出せばで、21万円・・・!おお、これは生活できるレベルになるのかな。
さっき25本も必要と書いたけど、なんか希望が出てきたかも?

現在新作を開発中です。それにしても昼間に現場に行くと、自分の開発の時間があまり取れないです。受託開発の会社が自社サービスを手掛けにくいと言われるのが良くわかります。一時期、やっぱ受託ビジネスが堅いよなーと思っていたんですけど、自分で作品を世に出してこうして広告収入を細々と得てリアルな数字を見てみると、自社サービスでもイケるかもと思えてくるわけです。
いま、お世話になってる現場も自社系サービスの会社さんなのでそこでの経験も合わせてそう思い始めてます。

経験を積むと考えるベースができる、そういう意味でも自分でリリースして良かったし、現場に行ってるのもプラスになってますね。でも早く新作出したいです(切実)。