クロネコヤマトのシステム子会社でヤマトシステムという会社がありますが、ここもO2Oなシステムを販売しています。

O2O集客@Smartというものですが、どうやらネットスーパーを顧客に想定している感じがビシビシ伝わってきます。

yamato 
ソリューションのあらましは、下記のとおり。
1)店舗はチラシやクーポンなどの情報を登録し、顧客を細かく絞り込んでプッシュ配信。

2)顧客は専用のアプリからセール情報やクーポン情報を受信します。

3)その情報を見て、店舗へいく、またはネットスーパーで買い物をします。クーポンの割引などのサービスを受けます。


以上。オーソドックスといえばその通りです。一見。


面白いと思ったのは、Webチラシ機能です。折込チラシをPdfとかに変換してアプリで表示したりできます。
またクーポン配信が配信対象者の属性で絞れて便利そうなのもいいです。
それから、ネットスーパーのサポートサービスをヤマトシステムは展開しているようなのですが、それとの親和性が高い模様。
極めつけは、アプリに表示されるバーコードをスキャンすると宅急便伝票を出力する機能・・・。来店宅配サービスとの連携、だそうですが、来店宅配サービス?
多分、実店舗に行って荷物が多いのでうちに送りたい、配送してくれーというときに使うのでしょうか?

あと、システムというかある意味正統派なO2Oソリューションが組み込まれていまして、それはサンプル商品の提供機能です。

1)ヤマトグループがいろんなメーカーからサンプル商材をもらいます。というか宣伝したい商品をもっているメーカーとかがヤマトに商品を渡します。

2)このO2Oソリューションを導入した、例えばネットスーパーがクーポン配信機能を使うときに、このサンプル商品を告知します。「来店したらこれプレゼント」みたいな感じですかね。

3)それを見た消費者はまんまと来店し、プレゼントを受け取りがてら買い物をします。


たぶんこういうことかなと。
ヤマトのグループ力を活かしたソリューションだなぁと感心しましたです。

ちなみに、来店頻度とクーポン配信は正の相関がありまして、47%の消費者はクーポンを来店理由にあげているそうです。
またプッシュ通知の情報配信はメルマガに比べて20倍ものクリック率があります。
メニューの提案やレコメンド機能があると客単価は+8%~20%も向上するそうです。

費用的には、月額課金制の数多存在するクーポンアプリと同じようなものですが、メッセージ配信が一定の件数を超えるとそれについては追加で費用がかかります。

とにもかくにも、ネットスーパーの同社のソリューションを導入しているユーザー向けかなと思います。