あるアプリのユーザーのコメント。

無料ポイントゲットの方法として示されたのが、「他のアプリダウンロード」だったのでがっかりしました。この方式は個人的に好みでないのです。 がめつい真似はせずにきちんとお金を払えば、最高の英単語アプリだと思います。」

結構ひどいですね。ユーザーが。
がめつい真似、と言っていますけど、本当に十分に開発費を賄えるくらいのお金を払う人が少ないからこうなっているのではないかと。
PCのソフトもそうですけど、スマホアプリなどは無料が当然という認識じゃないですか、多くのユーザーは。
でも、開発するにはお金が掛かるんですよね。例え一人で全部作る人であっても手間暇かかっているし、その人が勤め人ではなく専業の開発者なら生活費がかかっています。

駄作で買いたい人がいないのはしょうがないですけど、自分が使いたいと思ったソフトに適正な料金が支払う流れがない昨今、他社のアプリの宣伝によって収入を得る行為がそんなにがめついんでしょうかね。(ちなみに昔はもっとひどかった。ソフトが高いのでコピーしても仕方ないよね、というのがエクスキューズとして認識され、ソフトが高いので違法コピー及び幇助ビジネスもやむ無しとまかり通ってた。ソフマ○プとかね。それに比べれば、制作者が間接的にお金を得る仕組みが色々とあるのは悪いことじゃないと思いますけどね。)

ユーザーのほうがずっと浅ましいと思いますよ。

なんの労力もかけず、労力がかけられた創作物を無料で使用し、あまつさえ作者に対して「がめつい」と。
そんじゃ、昔みたいにどんなソフトも数万円してたような時代がいいのかな。
あるいはNTTの月額課金が基本だった頃の方がいいのかな。

例えば、テレビは無料で見れる。テレビ番組の制作には莫大な費用がかかっているのにも関わらず。
それはテレビ局が広告枠を広告出稿者に売っているから可能なんですよね。
じゃあ、ここで「広告枠売るなんてがめついことすんなよ。スポンサーとタイアップした番組なんか作るなよ」
とか言ったとしたらどうなるか?
制作費をカバーし、かつ収益を出すには、基本使用料をテレビ局に収めたうえでさらに1番組視聴料を払って観る仕組みを取らざるを得ない。(アメリカのケーブルテレビではかなりよくあるケースです)

僕は、直接ソフトの対価を払う仕組みも、広告を見たり、別のアプリを紹介される(形を変えた広告)を見ることで間接的にソフトの対価を支払う仕組みも両方あっていいと思います。
直接お金を払わなくて済む方法があるのはユーザーにとってはメリットだと思うし、制作者にとってもより多くの人に使ってもらいたい&費用を賄いたいという課題を解決できるメリットがある。

制作者に「がめつい」と言っているユーザーは、おこがましいのではないか?
こういう方は人類の発展と経済学について勉強したほうが良い。
人類社会がこれほどまでに便利な道具、仕組み、サービスで溢れているのはすべて「儲けたい」という精神から来たものなんですよ。もちろん、公害問題など負の面もあり、それについては「市場の失敗」とされるもので、政府によって規制がされるべきものですが、アプリの間接的広告収入も「市場の失敗」なのでしょうかね?
大体、人間でも動物でもみんなガメツイんですよ。このユーザーは子供か?
いや、だとしたら、このユーザーも他社が儲けていることについて「がめつい」と批判するがめつさがあるのも問題ないのか。
そうすると、その批判をかわすためにより巧妙にユーザーにがめつさを見せない工夫をする動機となる。
そしてユーザーはとても快適に無料(一見)で他人の成果物を利用できるようになる。

なるほど。

他人が儲けているのが許せないという、そういう子供みたいな精神のユーザーさまも市場には必要という結論になりますねw まあがんばってチャイルディッシュな批判精神で人類社会の発展に貢献してください。